Entry: main  << >>
家族でのんびり過ごせる予定だったのだが
0
    昨日は朝起きると雨で日が出るとみぞれ交じりの雪に変わった。毎日やっていたせん定作業はお休みだ。疲れがたまってきていたのでちょうどいい。

    そもそも1月2月はブドウ栽培でもっとも時間の余裕がある時期で、家族でのんびり過ごせる予定だったのだが、実際は毎日仕事だ。

    初めての年なので自分が忙しいのはやもうえないのだが、妻や子供にも園で手伝ってもらっていることが心苦しい。無邪気に園内を駆け巡る子供の後姿に、すこし可哀想だなと感じる。

    ただ会社に勤めていたころに比べれば子供と一緒にいる時間はかなり長いので、長い目で見ればいいことに違いない。
    | 園主 | 06:17 | comments(3) | - | - | - |
    Comment
    冬の時期は大切で、この時間に遅れが発生するともう取り返しがつかないですよね。

    サラリーマンだったら人間がたくさんいるので、忙しい部署は手伝いを頼むことができますが、農家はそうはいかないところが辛いです。失敗するとまた来年になってしまいます。

    お子さんとは時間が長く持てていい関係が保てるんじゃないでしょうか。
    Posted by: あさがお屋 |at: 2007/02/20 1:00 AM
    あさがお屋さん>冬はスタートだもんね。大事だな。全てを前倒しに持っていきたいからなー。
    Posted by: 良二 |at: 2007/02/20 5:56 AM
    大変な面も多いことと思いますが、父親が働く姿を小さい頃から見せられることは貴重な経験だと思います。
    Posted by: がんちゃん |at: 2007/02/27 8:10 PM








    Calendar

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    Profile

    Recommend

    Recommend

    Recommend

    沈黙の春 (新潮文庫)
    沈黙の春 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
    レイチェル カーソン
    農薬を扱う人は一度は読むべき。

    Search

    Entry

    Comment

    Trackback

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode