Entry: main  << >>
収穫と発送 先輩来る
0
    ブドウの収穫と発送を続けています。今年は全国的にブドウが不作で長野県でも小さな粒が混じった房が多く、贈り物として使える房は限られています。

    私のブドウの師匠は「50年間作ってきて今年ほど悪い年はなかった」と言います。私も複数ある園の中で、よく出来たのは1園だけで、房数に限りがあるため、早々にいいクラスのブドウは完売とせざるえない状況です。

    安定栽培というのは難しいものです。

    昨日は、以前勤めていた会社の先輩カネ○ツさんがふらりとバイクで来てくれました。忙しいのであまりお相手できなかったのですが、収穫や選果、販売まで手伝ってくれました。

    お客様として相手しようとすると他のお客様もいるし仕事は詰まっているしで、長い時間は難しいのですが、手伝ってもらうというのはいいです。仕事しながら話が出来るし、私も大変助かりました。
    | 園主 | 23:30 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    Profile

    Recommend

    Recommend

    Recommend

    沈黙の春 (新潮文庫)
    沈黙の春 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
    レイチェル カーソン
    農薬を扱う人は一度は読むべき。

    Search

    Entry

    Comment

    Trackback

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode