Page: 2/16  << >>
中学生の農村体験
0
    昨年から中学生の農村体験を受け入れています。
    今年は千葉県の安孫子市久寺家中学校の皆さんが来てくれました。
    リンゴ園で樹の根元にワラを敷く作業を手伝ってもらったのですが、
    雨が降り始め、ビニールがかかっているブドウ園に移動して、
    ブドウ棚に残っている、枝を止めるテープをとってもらいました。
    とても礼儀正しく真面目にやってくれました。
    一緒に話すと、最近の中学生の考えていることがわかって楽しいですよ。


    | 園主 | 22:21 | comments(0) | - | - | - |
    全国ブドウ農家の集まり井川会
    0
      60年近く前に農学者である大井上という先生が巨峰という品種は開発しました。一部のブドウ農家が教えを乞いに伊豆にある先生の園に通いました。そこで実際に指導したのが技師として働いていた井川氏です。技術を学んだ農家は地元に帰り試行錯誤の末技術を磨き、巨峰を広めていきました。学んだ農家が中心となり結成されたのが井川会で、毎年冬に伊豆で集まりがあります。

      私の周りに井川会の会員の方が多くいらしたので、私も仲間に入れてもらっています。各地の生産者の話を聞くのは刺激になります。

       
      全国から集まった皆さん。皆さん先輩ですねー。

      講義していただいた志村さん。長年ワイナリーコンサルティングをやられた方ですが、生食用のブドウの品種開発が一番好きという人です。

      伊豆からの帰りに寄らせてもらった山梨の育種家である米山氏の園。ベニバラードを作られた。
      | 園主 | 22:44 | comments(0) | - | - | - |
      ご注文の受付開始
      0
        ブドウのご注文の受付を開始しました。 ご案内も順次お送りしています。 

        今年の発送は9月中旬からの見込みです。 昨年は9月15日から発送を始めました。 完熟を待ってからお送りするので、ご注文から 日数がかかってしまいますが、ご容赦下さい。
        ブドウはいっせいに熟すのではなく徐々に熟した房が増えていきます。 熟期はブドウ園の標高、品種、樹の樹勢、気候によって変わります。 同じ樹でも、樹の外周部の房が幹に近い部分より早く熟すのです。 園を回り味見を繰り返して収穫する房を決めていきます。 

        着色
        | 園主 | 09:31 | comments(10) | - | - | - |
        袋掛けが終わり
        0
          袋がけ 今は袋掛けが終わり着色と熟成を待っています。 おいしくなってね!! その間に子供を遊びに連れて行き、DMを作っています。 のんびりした時間は無いですねー。
          | 園主 | 09:14 | comments(0) | - | - | - |
          気の遠くなるような作業の合間の笑顔
          0
             妻 摘粒
            ブドウの粒を抜く作業を黙々とやってくれた妻。がんばってくれてありがとう。
            気の遠くなるような作業の合間の笑顔です。
            | 園主 | 08:58 | comments(0) | - | - | - |
            桜じゅうたん
            0
              桜じゅうたん 子供が通う保育園の園庭が3連休あけにピンクに染まってました。雨も降らず、風も吹かず、人も来ず、静かに散ったので、花びらのじゅうたんとなってました。余りのきれいさに、先生も、子供も、親も、びっくりでした。
              | 園主 | 07:10 | comments(2) | - | - | - |
              悲しい事
              0
                 悲しいことがありました。
                とても残念です。
                君の言葉は忘れません。
                | 園主 | 20:38 | comments(1) | - | - | - |
                「はぜ掛け」ボランティア募集のお知らせ
                0

                  はぜ掛けとは、稲を天日干しするために、稲の束を田んぼに設置した棒に掛けていく作業です。稲刈りは事前に行います。2週間程度干したら脱穀します。


                  秋のさわやかな空の下で、たわわに実った稲穂を掛けていく作業は、なんとも牧歌的で田園の雰囲気を満喫できます。一汗かいて温泉でくつろぐ一日は心身をリフレッシュしてくれます。お子さんには、米がどうやって出来るのかを体験して知るいい機会となります。

                  はぜ掛け 萬果園

                  要領

                  ・実施日 10/15(土)、*予備日10/16(日)

                  ・時間 朝9時から夕方3時まで行います。午前中だけ、3時間だけなど途中参加も歓迎です。

                  ・参加ご希望の方は事前にご連絡下さい。
                   連絡先 中川携帯 080-5679-2199 info@kaju-mankaen.com

                  ・集合場所 水田 *地図

                  ・プレゼント 半日以上(3時間程度)手伝っていただいた方へは、はぜ掛けして天日干しした新米をプレゼントします。11月発送となります。

                  詳しくはホームページをご覧下さい。

                  ふるってご応募下さい!!

                  | 園主 | 17:58 | comments(3) | - | - | - |
                  葡萄の直売所
                  0
                     葡萄園の中で葡萄を直売しています。

                    こんな看板があります。

                    葡萄狩り園 直売所

                    採りたての葡萄を並べてあり、ここで出荷作業も行っています。
                    もちろん葡萄狩りも出来ますよ。
                    | 園主 | 05:42 | comments(0) | - | - | - |
                    ミックス商品の出荷
                    0
                       昨日からミックス商品の出荷を始めました。今、熟したての品種をお詰めします。

                      葡萄ミックス 特選3キロ

                      特選ミックス3キロ用です。
                      上段左より、ジャスミン、ベニバラード、シナノスマイル、
                      下段左より、ブラックビート、巨峰、ナガノパープル。
                      かなりいい形の房です。
                      お徳用は、粒が歯抜けになったり、小粒だったりの房が入ります。
                      全ていい房形に作れればいいのですが、いろんなものが出来ます。

                      葡萄 多品種 選果

                      収穫してきた葡萄を並べて、特選、お徳用と分けていきます。

                      シャインマスカットはもうすぐ完熟します。
                      ゴルビーは小さめの粒なら今完熟です。大きいのはもう少し。
                      安芸クイーンは種ありは完熟。種無しがもう少し。
                      瀬戸ジャイアンツはまだまだ。

                      色とりどりの葡萄はきれいです。扱うには手間がかかりますが。
                      | 園主 | 22:04 | comments(15) | - | - | - |

                      Calendar

                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      Profile

                      Recommend

                      Recommend

                      Recommend

                      沈黙の春 (新潮文庫)
                      沈黙の春 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
                      レイチェル カーソン
                      農薬を扱う人は一度は読むべき。

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Trackback

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode